巻き爪 予防 切り方

みなさんは巻き爪になったことはありますか?
痛いし、病院に行かなければならないこともありますよね。そんな痛い巻き爪を予防する爪の切り方があったんです!!

 

巻き爪の原因とは?

巻き爪の原因はたくさんあります。
遺伝だったり、自分の足に合わない靴を履いていたり、歩き方や加齢によるものだったりします。スポーツによっては巻き爪になりやすいスポーツもあるみたいです。これらから爪を守るためには切り方が大事です!

 

巻き爪になりにくい切り方

「スクウェアカット」という切り方を知っていますか?女性の方ならネイルで知っているかもしれませんね。スクウェアカットとは四角い形に、爪の角を残して切る方法です。
しかし、意外とこのスクウェアカットをせずに、深爪や指先の形にそって爪を切っている方が多いと思います。これらの切り方をしてしまうと巻き爪になりやすくなってしまいます。特に子供の頃は爪が引っかかって危ないし、お友だちを傷つけたらいけないといって深爪にしたり、爪の角を切ってしまいがちです。また、大人が使う爪切りだと子供の爪には大きすぎて深爪になりやすくなってしまいます。
そこで「スクウェアオフ」という切り方もあります。
スクウェアオフとはスクウェアカットをした爪の角をヤスリで削り、なめらかにした爪のことをいいます。スクウェアオフもスクウェアカットと同じように巻き爪になりにくいという特徴があります。

 

 

スクウェアカット、スクウェアオフのメリット

スクウェアカットとスクウェアオフのメリットとしてはまずは巻き爪になりにくいというのが1番のメリットだと思います。
なぜスクウェアカットやスクウェアオフは巻き爪になりにくいのでしょうか?
深爪や爪の白いところに沿って切ってしまうと指の肉が盛り上がってしまいます。そうすると爪が伸びてきたときに肉に食い込んでしまうので巻き爪になりやすくなります。
その点、スクウェアカットやスクウェアオフは爪で皮膚が隠れているので肉に爪が食い込みにくくなります。
さらに、スクウェアカットやスクウェアオフはネイルが綺麗に仕上がったり、指が長く見えます。これは嬉しいですね!爪が柔らかい人や、爪が割れてしまいやすい人でもスクウェアカットやスクウェアオフは強度があるので、割れにくく挑戦しやすい切り方です。

 

 

正しくスクウェアカット!

爪を切るのにベストなタイミングはお風呂上がりです。爪が柔らかくなっているので爪切りで切っても爪が割れにくいです。爪が乾燥しているようならハンドクリームなどで保湿をするのも爪が割れるのを防いでくれます。
そして、1回で爪を真っ直ぐに切ろうとするのではなく、少し横から爪切りを入れ数回に分けて真っ直ぐになるように切ります。このとき白い部分をだいたい1ミリ程度残して置くのがポイントです!
次に1、2回ほど爪の切ったところヤスリがけし、なめらかにします。そうすることで引っかかるのを防ぎます。スクウェアオフにしたい人はこのときに爪の角もヤスリがけしてください。
注意点は、あまりヤスリをかけすぎると爪が薄くなり、強度がなくなってしまうことです!ですので、ヤスリがけはなるべく少なくしてください。

 

以上でスクウェアカットの方法は終了です!

 

いかがだったでしょうか?
巻き爪は切り方で防ぐことができます。ぜひ、お子さんがいるご家庭でもスクウェアカットやスクウェアオフを試していただきたいと思います。
この記事で巻き爪に困る人が少しでも減ると嬉しいです。
長文を最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

30分で手軽に巻き爪矯正が出来る

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ