巻き爪 化膿

巻き爪が原因で化膿した経験はありますか?
化膿すると腫れてかなり痛むので経験なんてしたくない症状ですよね?
そこで巻き爪が原因で化膿した時の処置の紹介の前に、巻き爪はになる原因をまず知っておき巻き爪の対策をとりましょう。

 

巻き爪には遺伝や加齢によるものもありますが、一つに爪の切り方が問題で起こることがあります。
爪の白いところがなくなるくらい切って深爪してしまうと肉が盛り上がり変形して起こると言われてもいます。
もう一つは足のサイズや形に合わない靴を履くことも挙げられます。
デザインを重視したようなパンプスやヒールなどを長時間履いていたりすると、足に負担がかかってしまい外反母趾にもなりますが、その分爪にも負荷がかかり圧迫されて巻き爪になってしまうこともあり、特にパンプスやヒールを履く女性がなりやすいです。

 

ではまず巻き爪にならないためには深爪をしないことで、切るタイミングもお風呂上りなど爪が柔らかくなっている時がベストです。
それと圧迫の少ないスニーカーなどを履く習慣をつけましょう。
巻き爪グッズもあるので日々、自宅でわずか3000円程度で簡単に病院の矯正治療ができるので試してみることをお勧めします。

 

万が一巻き爪になり化膿してしまった場合の処置ですが、自分で処理するよりかは、まずは病院に行ってください。
皮膚科で診察してもらえますが外科や形成外科、美容外科でも診察は可能です。
放置していると化膿の状態によっては骨まで達してしまい大変なことになる場合もありますし、手術も1万円から数十万と金額的にも大きいので出来るだけ早く病院へ行くことをお勧めします。
もし病院に行くことができなければ爪は切らないことと肉をテーピングで下に引っ張る、化膿が酷ければ、針などを消毒して膿を出す、暖めてはいけないのでお風呂等に入らないことを守りましょう。

 

まとめ

巻き爪は誰でも起きるようなことではありますが、痛いし手術することもあるし、少しでも痛みを感じたり巻き爪になりそうな状態なら早めの診察をして巻き爪にも化膿もしないように心がけましょう。

 

30分で手軽に巻き爪矯正が出来る

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ