巻き爪 原因

巻き爪のよくある5つの原因

 

巻き爪とは、爪が内側に巻いてしまい、指の肉に食い込んだ状態のことをいいます。
爪が食い込んだ周囲に炎症を起こし、強い痛みを発生させます。

 

悪化すると痛みによって自然な姿勢で歩くことも困難になったり、
化膿を起こすこともあるため、普段からの注意が必要です。

 

巻き爪の原因はたくさんありますが、代表的なものをご紹介します。

 

 

靴が合っていない

サイズが合っていない靴や、先が細い靴などを履くと、爪先に負荷がかかります。爪が圧迫されることによって、巻き爪を引き起こします。
女性の方は、ヒールを履くことも大きな原因になります。

 

 

深爪

深爪をしてしまうと、肉に爪が埋もれてしまい、爪の成長を阻害してしまいます。爪が肉に妨げられつつも伸びて行くことで、爪が変形してしまい、巻き爪の原因となります。

 

 

急な体重の増加

足の指は、数十キロある身体の体重を支える大切な部分です。生活習慣による肥満や、妊娠などで体重が増加すると、それまで以上に身体を支える力が必要になり、爪に無理な力がかかります。

 

 

スポーツによる負荷

瞬発力を必要とするスポーツでは、爪先に負荷がかかります。バレーボールやテニス、バスケットボールなど、踏ん張ったり、機敏に動くことを要求されるスポーツは巻き爪になってしまう可能性があります。サッカーなど、爪先に力がかかるスポーツでも同じことが言えます。

 

 

老化

スポーツなどで爪先に負荷をかけすぎることも巻き爪になる可能性がありますが、老化により脚を使って歩くことが少なくなっても、巻き爪は起こります。爪はもともと放っておくと内側に丸まってしまう性質があるため、地面からかかる力が弱くなると巻き爪になりやすくなります。また、老化により爪が厚くなってしまうことも原因になります。

 

 

まとめ

心当たりのある項目はありましたか?
深爪や、足に合わない靴などは心あたりのある人も多いと思います。

 

原因が分かれば予防することが出来ます。
いくら直すことが出来ても、予防をシッカリとしないといつまでたっても同じことの繰り返しになります。

 

巻き爪の原因について心当たりのある項目は改善して行きましょう!

 

また、現在巻き爪に悩んでいる方は自宅で巻き爪を治すことが出来る巻き爪ロボなどで巻き爪の改善に取り組んでみてください。

 

巻き爪ロボは値段は高いですが、病院への通院、治療費などを考えるとコチラに方がお得です。
また効果が分かるのも早いです。

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ

 

 

合わない靴を履かないこと、深爪をしないこと、爪に無理な力を加えないこと、適度に歩くことが巻き爪を防止することになります。
心当たりが項目があったのではないでしょうか?健康のためにも普段から気をつけてゆきたいですね。