巻き爪 プレート法

 

巻き爪は痛いだけではなく、衛生面でも足に悪い悩みのタネ、、
そんな巻き爪を解消する方法はいくつかありますが、代表的なものに「プレート法」があります。
まず、プレート法とはどういったものなのかを説明していきます。

 

 

プレート法とは?

簡単に言ってしまえば、形状記憶合金の板(プレート)を爪に貼り付けて、金属が元の形に戻ろうとする力で爪を引っ張って矯正する巻き爪解消法です。
最近ではグラスファイバー製のプレートなども使われているようです。
板を張り付けるだけなので、痛みはあまり伴わないとのこと。

 

通院は必要?

プレートを張り付ける処置自体は10分程度で済みますが、
プレートが剥がれてしまったり、爪のケアのために1,2ヵ月に一度は通院の必要があるそうです。

 

治療にかかる期間は?

これは巻き爪の度合いによって変わってくるのですが、短くて半年、長いと1年かかることも、、、

 

治療にかかる費用は?

保険がきかないため、初診料とプレート代を合わせるとおおよそ1万円前後もかかってしまいます。
定期的な診察や、プレート交換などを考えると完全に巻き爪が解消するまでには2、3万円になってしまう可能性もあります。

 

 

プレート法は代表的ではありますが、意外と時間やお金がかかってしまいそうですね、、、
そこで、巻き爪解消のもう一つの手段として挙げられるのが「巻き爪ロボ」です!

 

 

巻き爪ロボとは?

名前の通り、巻き爪を解消してくれる器具です。
巻き爪になっている爪の両端にフックをひっかけて、引っ張り上げるという方式です。

 

プレート法との違いは?

巻き爪ロボの良いところは、30分程度で巻き爪のケアが出来てしまうというところ。
プレートと違い、1日中つけている必要がありません。
入浴前に巻き爪ロボをつけ、お風呂上りに外して髪と一緒に爪を乾かす、といった流れで巻き爪が矯正できてしまうのです。

 

費用で比較してみると?

時間という点では巻き爪ロボに軍配が上がっていそうですが、値段の方ではどうでしょうか。
巻き爪ロボは1台2万円を切る値段で販売されており、何度でも使えるという点で値段でみてもプレート法よりお得かもしれません。
なにより、通院の必要がないというのがありがたいですね。

 

 

まとめると、巻き爪ロボは

 

  • 何度でも使えてコスパが良い
  • 短時間で巻き爪を矯正できる。
  • 通院の必要がない

 

など多くのメリットがありました。
これからの巻き爪治療の新たな選択肢としてかなり有力なものになるのではないでしょうか。
巻き爪に悩んでいる方、1度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

30分で手軽に巻き爪矯正が出来る

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ

関連ページ

アクリルガター法を優越した巻き爪の治療法
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪はVHO法で改善させる?それとも巻き爪ロボを頼る?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
長年の悩みを解決できるのはフェノール法?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪を治す!B/Sスパンゲ法って?巻き爪ロボットって?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の痛みから開放!あなたはインベントプラス?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
痛い巻き爪!治してみませんか?ペディグラス方式VS巻き爪ロボ
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の最終手段「爪母全切除法」最終兵器「巻き爪ロボ」