巻き爪 B/Sスパンゲ法

 

普段、何気なく生活をしていると爪の形が少しずつ変わっていくことがあります。

 

私も中学生の頃、両足の親指の爪が変形し巻き爪になってしまいました。爪が肉に食い込み、歩くだけで激痛が走りとても辛かったです。私の場合、整形外科を受診して対処していました。臀部に痛み止めの麻酔を打ち、食い込んでいる部分の爪を切除していましたが、麻酔も処置もとても痛く、何度も再発していました。今振り返ればあまりいい方法ではなかったかもしれません。

 

今回は、数ある巻き爪治療の中から、B/Sスパンゲ法と巻き爪ロボをご紹介します。

 

B/Sスパンゲ法とは?

ドイツの医師Bernd Stolz先生が開発した巻き爪の矯正(スパンゲ=ドイツ語で矯正)方法です。

 

形状記憶のプレートを爪の表面につけ、プレートが元の形状に戻ろうとする力を利用して巻き爪を矯正します。文章で理解しようとすると少し小難しく感じますが、いびきを改善させるブリーズライトの爪版のようなものです。

 

この方法のメリットは、@痛みがないA目立たないB即効性があるC本人は何もしなくていいの4点です。
@痛みがない
爪に特殊なプレートを貼り付けるだけで、皮膚を切ったりすることがないので、痛みがありません。
A目立たない
半透明のプレートなので目立たず、ネイルもすることができます。
B即効性がある
最大のメリットは、効果が見られる場合短時間で痛みを軽減させることができすことです。
C本人は何もしなくていい
プレートを装着中は、放置するだけなので簡単です。

 

しかしどんな方法にもデメリットはつきものです。
この方法のデメリットは、@約1ヶ月に1度の通院A矯正する力が足りないことがあるB使用制限があるC矯正完了まで時間がかかるD保険適応外の5点です。

 

@約1ヶ月に1度の通院
プレートは、効果を持続するため1ヶ月〜6週間に1度張り替えなければなりません。
A矯正する力が足りないことがある
巻き爪の食い込み具合によって、矯正する力が足りず、ほかの方法に変えなければならないことがあります。
B使用制限がある
矯正が完了するまで、プレートを貼り続けるのですが、効果を損なわないためにプレートが剥がれやすくなるようなことはできません。例えば、長風呂、サウナ、プール、長時間靴を履く、運動、ジェルネイルなどです。
C矯正完了まで時間がかかる
足の爪はすべて生え変わるのに約1年かかります。重度の場合は、目安ではありますが、生え変わるまで矯正が必要となります。
D保険適応外
さて、この方法の最大の弱点は保険適応外だということです。麻酔をしたり、皮膚に直接なにか処置をするわけではないので、実費精算となります。
先程、1ヶ月〜6週間毎の通院、最長で1年間の矯正期間が必要だということをご説明しました。1回(1箇所)につき約5000円程度なのですが、最大で約60000万円かかってしまいます。

 

巻き爪ロボとは?

ネット通販で話題となっている「医療用機器」の巻き爪対策商品です。名前のとおり、ロボットのような形をしており、大きさは小さめなので仰々しくありません。左右の爪に引っ掛けるフックが2つ、中央にはネジと爪自体を抑える支点のような役割をするものがついています。身近なもので言えば、UFOキャッチャーのアームに似ています。

 

変形している左右の爪にフックを引っ掛け、中央のネジを回して固定すると、両端の爪は上に引っ張られます。これで準備は完了です。その状態で、湯船に20分程つかります。爪が柔らかくなったところで、さらにネジを締めて圧力をかけ、ドライヤーで10分間乾燥させて完了です。約30分程で矯正できます。

 

この方法のメリットは、@自分で治せるA医療機器の許可を取得B1年保証付きC短時間矯正D痛くないの5点です。

 

@自分で治せる
通院なしで、自分の都合のいい時に矯正が可能です。
A医療機器の許可を取得
他の巻き爪グッズと違い、医療用機器なので安心できます。
B1年保証付き
1年間の保証付きで販売されているので安心感があります。
C短時間矯正
約30分ほどで、矯正が完了し、巻き爪から解放されます。
D痛くない
自分で加減して操作ができますし、皮膚を切ったりとういうことがないので痛くありません。

 

では、こちらのデメリットはなんでしょうか。
@高価A自分でやらなければならないの2点です。

 

@高価
大体1個約20000円程度のお値段で、通常通販で販売されている巻き爪商品と比べ高額となっています。

 

A自分でやらなければならない
難しいものではありませんが、操作方法を読み正しく使う必要があります。

 

まとめ

さて、それぞれのメリット・デメリットをあげましたがいかがでしたでしょうか。先ほど、巻き爪ロボは「高価である」とデメリットでご説明しましたが、これはあくまで、ネット通販としてはのお話です。B/Sスパンゲ法と比較するとその差は歴然です。1箇所につき最大で約60000万円程かかってしまうのに比べ、巻き爪ロボットは1箇所だけではなく他の指、他の家族の方などにも使えるにもかかわらず単価は約20000円なのです。料金や痛みの有無、安全性などを総合的に考えると、巻き爪ロボの方がいいと考えられます。しかし、お金がかかっても効果がない可能性があったとしても、自分で矯正するのがめんどくさいとお考えの方は、B/Sスパンゲ法を選び病院へ行かれるのかもしれません。

関連ページ

巻き爪解消にはプレート法? 巻き爪ロボ??
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
アクリルガター法を優越した巻き爪の治療法
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪はVHO法で改善させる?それとも巻き爪ロボを頼る?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
長年の悩みを解決できるのはフェノール法?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の痛みから開放!あなたはインベントプラス?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
痛い巻き爪!治してみませんか?ペディグラス方式VS巻き爪ロボ
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の最終手段「爪母全切除法」最終兵器「巻き爪ロボ」