巻き爪 VHO法

歩くたびに爪が食い込む…そして気を付けていても爪の周辺が炎症を起こし、膿がたまってくる…このような状態になると日常生活にも支障がありますし、もはや自分で爪のケアをすることも困難です。早く病院には行きたいけれど、爪ごときで仕事を休み病院に行くことも出来ないということもあるのではないでしょうか。そんなつらい巻き爪を改善する方法として、VHO法ト巻き爪ロボというものがあります。今回は、この二つをご紹介していきます。

 

VHO法はどんな方法なの?

VHO法は、巻き込んでいる爪にワイヤーをひっかけます。そして爪が巻き込む方向と反対側に反るようにワイヤーで固定しておくのです。この治療法は、爪自体を傷つけることがないので、痛みが少ない治療方法です。また傷がつかないので、施術した当日から入浴できる、歩行などにも支障がないというのが大きなメリットです。

 

実際にVHO法を行う時には、専門クリニックや美容整形外科などにいって施術を受けます。VHO法の場合、一度の診察で治療が終わるのではなく、施術をした後も爪の状態を見ながら、ワイヤーを張り替える必要があるので、継続した通院が必要です。一般的には、約1年ほど経過を見ながら治療を続けます。

 

その気になる価格は、初診料や施術料、また通院などを含めて約50000円程度かかります。この治療は保険適応にならず自費診療となるため、治療価格は病院によって異なります。費用が高いということがデメリットの1つです。

 

もう一つ気になるのは、再発をしないかどうかということ。巻き爪は使用する靴や生活習慣が原因になっていることがあります。そのため、VHO法を行った後も再発の可能性はあることがデメリットの1つです。

 

巻き爪ロボってなに?

 

最近注目を浴びてきた治療に、巻き爪ロボというものがあります。
巻き爪ロボの良いところ、短時間の装着でも効果があるということです。またその価格も19800円という購入しやすい価格です。

 

またVHO法と異なり、自宅で自分の都合の良い時間に使うことが出来るのです。しかも誰にも知られずに巻き爪という悩みを解消することも出来るのです。

 

まとめ

 

巻き爪は、なった人にしかそのつらさはわかりません。ひどくなると歩き方にも支障が出て、日常生活に影響を及ぼします。そのため、早い段階で、巻き爪の治療を始めると良いでしょう。もしも病院に行くほどでもないなと思っても、ひどくなってからでは遅いのです。そのために巻き爪ロボなど情報を知っておくといざという時に役立ちます。

 

 

30分で手軽に巻き爪矯正が出来る

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ

関連ページ

巻き爪解消にはプレート法? 巻き爪ロボ??
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
アクリルガター法を優越した巻き爪の治療法
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
長年の悩みを解決できるのはフェノール法?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪を治す!B/Sスパンゲ法って?巻き爪ロボットって?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の痛みから開放!あなたはインベントプラス?巻き爪ロボ?
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
痛い巻き爪!治してみませんか?ペディグラス方式VS巻き爪ロボ
巻き爪治療を自分で出来る巻き爪ロボ。 巻き爪ロボ効果がないって口コミが本当なのか実際に巻き爪ロボを購入して体験してみました。
巻き爪の最終手段「爪母全切除法」最終兵器「巻き爪ロボ」