巻き爪 自分 矯正

巻き爪は経験した人にしか分からない痛みや辛さがあります。一旦巻き爪が出来ると、なかなか爪の形を矯正することはできません。

 

そのためどんどん肉に爪が食い込んでいき、ひどい場合は、その部分が膿んで炎症を起こすこともあります。
巻き爪は自分でカットすることも難しくなるので、それを繰り返してしまうことがあるのですね。

 

ではこの巻き爪を解消するのに良い方法があるのでしょうか。最近、巻き爪ロボというのが話題となっています。
今回は、巻き爪ロボのメリットなどを含めてご紹介していきます。

 

巻き爪ロボってなに?

ロボというととても大きなものをイメージしてしまいがちですが、足の爪に取り付ける物で数センチという小さなものです。
この機械は、本体と付属部品があり、自分のまき爪の程度に合わせて、5つある爪押さえの中から選んで装着をします。
装着をする時は、この爪押さえを爪にあてて、フックを爪の両脇に引っ掛け、爪が徐々に反り返るように力を加えていきます。

 

この時爪にかかる力は、つまみを回して調整することができます。強い力を加えても、巻き爪はすぐに解消できるわけではありません。
力のかけ過ぎは、爪が割れることもあるので、一日2mmくらいの矯正を目安に継続していくと良いです。

 

巻き爪ロボの良いところは?

巻き爪は、病院で治療することができます。しかし一旦改善してもまた巻き爪が再発することも…。

 

巻き爪ロボのよいところは、巻き爪を改善させるために、自宅で毎日使用できるところ。そうすると爪の生え方を見て巻き爪の再発を防ぐことが出来るのですね。
また一回の使用時間が、一日30分程度で良いということです。自宅で時間がある時にテレビを見ながらでも使用できるという手軽さが大きなメリットですね。

 

そして使用も爪をひっかけてつまみで力を調整するだけでよいので簡単です。使い方が簡単であることは、毎日の習慣として必須の条件でしょう。そこに大きなメリットもあるのです。

 

巻き爪クリップと比べてどうなのか?

巻き爪クリップは爪の大きさと形にしっかり合ったものを選択しなくては効果が発揮できないので、その選び方が重要です。

 

きちんとしたサイズを知るために始めに病院に行く場合もあります。またクリップが取れてしまったり、固い爪には自分でつけるのが難しかったりすることも…。

 

その手間を考慮すると、やはり自宅で出来る巻き爪ロボは手軽なのですね。

 

まとめ

ここまで巻き爪ロボの紹介をしてきましたが、様々なメリットがあることがわかりました。

 

巻き爪は、出来てしまうと痛みを伴い。歩くのも億劫になるほど。

 

そのため巻き爪に気が付いたときから、手軽に自宅で治療が出来ると悪化を防ぐことが出来、快適生活を送れるようになります。

 

 

 

30分で手軽に巻き爪矯正が出来る

 

⇒巻き爪ロボの口コミはコチラ